Carbon50

ビジネスのためのエネルギー転換

Carbon50は、東京を拠点とするコンサルティング会社で、エネルギー戦略とエネルギー転換を専門としています

専門分野

弊社は、再生可能エネルギー発電、電力市場、エネルギー小売、環境価値、DR(需要対応)技術、P2Pエネルギー取引などを専門としています。

アプローチ

弊社は、お客様の問題を解決するために分析的かつ定量的なアプローチを用います。データ分析、リスク評価、および財務モデリングを駆使して、正しい意思決定をお手伝いします。

ネットワーク

弊社の協力会社ネットワークを使い、日本市場への参入や現地事務所の設立、お客様のビジネスのためのパートナーシップの構築をお手伝いします。

弊社のサービス

エネルギー戦略

弊社は、エネルギー転換がお客様のビジネスにどう影響をもたらすかについてのお客様のご理解をお手伝いします。そして、収益に良い結果をもたらすとともに、お客様の環境目標達成に資するようなエネルギー戦略を策定・実施します。よくあるケースでは、再生可能エネルギーや貯蔵資産の開発、取得、あるいは最適化、および第三者からのCO2フリーエネルギーの調達が含まれます。

投資決定

M&A、プロジェクト開発、資産の取得または売却、新製品・サービスの立ち上げ、投資の引き揚げ等。弊社は、こういった投資決定プロセスにおいて、お客様のプロジェクトの価値を最大化するのに役立つ分析とモデリングを導入することにより、ずっとご一緒します。弊社は、財務モデリング、リスク評価、および定量化を実行するとともに、デューディリジェンスのプロセスもお手伝いします。

環境目標

現在の状況では、炭素排出量削減の目標を急いで発表したくなるかもしれません。しかし、そのようなコミットメントがどうビジネスに影響するか、そしてそもそもその実現可能性がどうなのかを理解することが重要です。お客様のカーボンフットプリント評価と環境目標の設定を、お客様と一緒に行わせていただきます。その環境目標がお客様の活動と収益性にどう影響するかを理解いただき、そしてそれを実施するためのロードマップをお客様が作成されるお手伝いをします。

市場参入

たとえ良い戦略を持っていても、中小企業は日本市場に参入するための資源を持っていないかもしれません。弊社は、お客様が供給元、販売業者、あるいは協業先を見つけ、人員を確保してチームを作成し、現地事務所を設立するお手伝いをいたします。

調査と分析

弊社の問題解決のアプローチは定量的であり、弊社の研究・分析作業にも反映されています。プロジェクト期間中はモデリングを多用します。弊社は、市場や政策に関する分析、予測、競合分析、費用モデリング、価格設定において豊富な経験を有しています。

プロジェクト管理

プロジェクトの実施段階において、必要な資源をお持ちでない場合やサポートが必要な場合は、弊社がプロジェクト管理オフィスの役割を果たしてお客様を支援できます。プロジェクトの規模に応じて、弊社が持つネットワークから、現地の専門家を紹介することができます。